FilePutコンポーネントによるファイルへの書込み [SFW-0001]

FilePutコンポーネントの「書き込み処理」プロパティによる動作の違いを確認します。


SFW-0001Flow2.jpg

 

プロジェクトの内容

Flow1

「ファイルパス」プロパティで指定したパスに新規ファイルを出力します。ここでは、FilePutコンポーネントの「書込み処理」プロパティで「新 規」を選択しているため、何度フローを実行しても、新規にファイルを作成します。同じ名前のファイルが存在した場合、上書きします。

Flow2

FilePutコンポーネントの「書込み処理」プロパティで「追加」を選択しているため、フローを実行するたびに入力ストリームに設定した内容をファイルに追加していきます。ファイルが存在しない場合は、新規にファイルを作成します。

サンプルプロジェクト名

SFW-0001

サンプルファイル構成

SFW-0001.zip
 └ SFW-0001.xfp

動作環境

ASTERIA WARP 4.2.0以上

ダウンロード

ダウンロードの前に「ダウンロードソフトウェア契約書」を読んでください。
フローの実行手順は「はじめにお読みください」を読んでください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フロー
  • サンプル
  • ファイル関連
  • FilePut
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する