WARP4.9.1新機能紹介 ~ DynamoDB Browser

WARP4.9.1で、3つのDynamoDBコンポーネントが追加され、DynamoDBに対してデータの取得、追加、削除などの操作を行うことができるようになりました。これらコンポーネントにはDynamoDB Browserという専用のUIも用意されています。また、このDynamoDB Browserを使うとDynamoDBへの簡単な操作もできます。

dynamodb_browser.png

DynamoDB Browserを使用するには、コンポーネントをダブルクリックするか、コンポーネントの右クリックメニューから「DynamoDB Browser」を選択します。すると画像のようなDynamoDB Browserが起動されます。

このDynamoDB Browserで、テーブルの新規作成、参照、削除と、アイテムの検索、複製、追加、編集、削除などが簡単にできます。最後に「保存」ボタンを押すと、選択されたテーブルがコンポーネントプロパティに設定されます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • コンポーネント
  • DynamoDB
  • WARP4.9.1新機能紹介
  • WARP4.9.1
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する