WARP4.9.1新機能紹介 ~ FSMCのコネクションやトリガー編集ダイアログにオーナーを表示

コネクションやトリガーは、オーナーが異なっていれば同じ名前を付けることができます。
そのため、FSMCで管理者権限のユーザーでログインした場合、コネクションやトリガーの一覧画面にはオーナーが表示されています。


blog_20160323_1.png

異なるオーナーで同じ名前のデータが存在するような場合には、どのオーナーのデータであるか注意して編集を行う必要がありますが、編集ダイアログにはオーナーが表示されないため、間違えて違うオーナーのデータを編集してしまう可能性がありました。

今回のWARP4.9.1からは、FSMCの次の編集ダイアログにオーナーが表示されるようになりました。

・「設定>コネクション」画面の編集ダイアログ
・「設定>トリガー」画面の編集ダイアログ
・「設定>トリガー」画面の詳細ダイアログ
blog_20160323_2.png
オペレーションミスをなくすために、編集時には必ずオーナーを確認していただけたらと思います。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • FSMC
  • WARP4.9.1新機能紹介
  • WARP4.9.1
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する