WARP4.9 Experimental Buildの紹介 ~ NotesRESTコンポーネント②

前回に引き続き、NotesRESTコンポーネントの紹介になります。

前回はNotesRESTコンポーネントの機能と設定方法についてご紹介しました。今回はNotesRESTコンポーネントをFlowで実際に使用してみます。


Notes 9.0のヘルプからインデックス情報を取得することにします。
対象のアプリケーションは「IBM Domino Administrator 9.0.1 Social Edition Help」にします。

アプリケーションの内容は以下のようなものになります。
nr2_noteshelp.png

まず、おさらいもかねて以前からあるNotesGetAdvコンポーネントを使用してインデックスの情報を取得してみます。
nr2_flowOld.png
上記のようなFlowを作成して、NotesGetAdvコンポーネントをダブルクリックして、Notesビルダーを起動します。

nr2_OldBuilder.png
Notesデータベースで「IBM Domino Administrator 9.0.1 Social Edition Help」を選択し、ビューからフィールド情報を取得します。

このFlowを実行してみると、インデックスの内容を取得できました。
今回はDomino、Notes、WARPの全てを1つのPCにインストールしているからなのか、1366msで取得できました。さすがのノーツクライアント、速いです。
nr2_flowExecuteOld.png

では、新しいNotesRESTコンポーネントで同じ内容を取得してみます。
nr2_flowRest.png
上記のようなFlowを作成して、NotesRESTGetコンポーネントをダブルクリックして、Notesビルダーを起動します。

nr2_builder1.png
Notesデータベースで「IBM Domino Administrator 9.0.1 Social Edition Help」を選択し、ビューからフィールド情報を取得します。

エラーになりました。
Notesデータベース「IBM Domino Administrator 9.0.1 Social Edition Help」へRESTからアクセスするには設定が必要になります。Notesビルダーを一旦閉じます。
nr2_error-message1.png

まずIBM Domino Designerで対象の「IBM Domino Administrator 9.0.1 Social Edition Help」を開きIndexビューに「IBM Domino データサービスの操作を許可」にチェックを入れて保存します。
nr2_IBMDominoDesigner1.png

次に、IBM Notes で「IBM Domino Administrator 9.0.1 Social Edition Help」のプロパティの「IBM Domino データサービスを許可」で「ビューと文書」を選択します。
nr2_IBMNotes1.png

準備ができたので、フローデザイナーに戻ってNotesRESTGetコンポーネントをダブルクリックしてNotesビルダーを起動し、ビューでIndexを指定します。

今回はフィールド情報を取得できました。
nr2_builder2.png

では、フローを実行してみます。
nr2_flowExecuteRest.png
無事インデックスの内容を取得できました。
しかしながら、実行時間は24264msとなってしまいました。
取得対象が約2300レコードで、1レコードづつHTTPの通信と結果の解析が行われるのが原因ですが、実行時間がNotesGetAdvコンポーネントの17倍とは少し時間がかかっていますね。

Notesクライアントを必要とせず、64ビット環境で動作するなどNotesRESTGetコンポーネントにはメリットがありますが、パフォーマンスに注意が必要という結果になりました。

今回はNotesRESTGetコンポーネントでデータを取得する例のご紹介でした。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • Notes
  • REST
  • "Experimental Build"
  • WARP4.9
  • Experimental Buildの紹介
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する