WARP4.9 Experimental Buildの紹介 AWS DynamoDBPutコンポーネント

今回は6月2日にADNフォーラムのExperimental Buildページに公開されたDynamoDBを操作するコンポーネントを紹介します。

Experimental Buildの使い方は以前のブログで紹介されていますのでこちらの記事を参考にしてください。

Amazon DynamoDBは完全マネージド型のスキーマレスなクラウドNoSQLデータベースサービスです。

今回公開されたコンポーネントは次の二つです。

  コンポーネント名 説明
AWS_DynamoDBPut.png AWS DynamoDBPut DynamoDBのテーブルに対してデータを登録します
AWS_DynamoDBScan.png AWS DynamoDBScan DynamoDBのテーブルからデータを取得します

 

今回はAWS DynamoDBPutの使い方を紹介します。

それではDynamoDBに用意しておいた"Test1"というテーブルにデータを登録するフローを作ってみます。

使い方は簡単でCSVやRecordなどをInputStreamに指定すると、そのままDynamoDBに登録してくれます。

DynamoPutFlow.png  DynamoDBPutProperty.png DynamoDBStreamDef.png

つぎのCSVをDynamoDBに登録します。

ID NAME INT DECIMAL DATE BOOLEAN
1 NAME1 10 3.14 2015-07-07T18:42:52.461 JST FALSE
2 NAME2 10 3.14 2015-07-07T18:42:52.461 JST FALSE

 

上記のフローを実行した結果がこちらです。

DynamoDBPutResult.png

マッピングなどが不要で簡単にデータが登録できますのでぜひ使って見て下さい。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • AWS
  • "Experimental Build"
  • Experimental Buildの紹介
  • DynamoDB
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する