WARP4.9新機能紹介 ~ ファイルを扱うコンポーネントの改善

ファイルを扱うコンポーネントはいくつかありますが、その中のFileGetfilesystem_get.png、RecordGetfileget_csv.png、FileExistFileExist.png、UnZipunzip.pngの各コンポーネントでは、取得したファイルのファイル名を参照したい場合、次の図のように、ストリーム変数のFilePathからマッパー関数のFilename関数を使用してファイル名を取得する必要がありました。
filename.png

WARP4.9ではファイル名を格納するストリーム変数FileNameが追加されたので、マッパー関数を挟まずに直接参照できるようになっています。
filename2.png

マッピングウィンドウに配置するマッパー関数が増えてくると、画面上がごちゃごちゃして見にくくなってきます。一つでも省略できるようになるとうれしいですね。


この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • コンポーネント
  • 変数
  • WARP4.9新機能紹介
  • WARP4.9
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する