WARP4.8新機能紹介 ~ フローサービス管理コンソールAPI

フローサービス管理コンソールAPIを公開しました。新しいFSMCはこのAPIを使用して作りました。APIの使用方法はこちらのヘルプをご覧ください。

ヘルプにも書かれていますが、APIを簡単にテストすることができる画面があります。

http://[サーバー名]:[FSMCのポート番号]/mcapi/apitest.html

[サーバー名] には、ASTERIAサーバーが動作しているサーバーの名前かIPアドレスを、[FSMCのポート番号] にはFSMCのポート番号を指定してください。自分のPCでASTERIAサーバーが動作していて、FSMCのポート番号を変更していない場合は、

http://localhost:28080/mcapi/apitest.html

でそのテスト用画面を表示することができます。

テスト用画面の上部のuserNamepasswordにログインするユーザーの情報を入力してloginボタンをクリックします。とりあえず簡単に試すのであれば、スーパーユーザーの /asu でログインしてください。

ログインが完了したら、実行したいAPIをUrlに入力し必要なパラメーターを入力、そしてMethodで実行するHTTPメソッドを選択してSendボタンをクリックします。

mcapi_test.png

上の画面では、RDBコネクションの一覧を取得しています。結果を見やすくしたい場合は、Formatボタンをクリックします。

mcapi_test2.png

APIの実行結果が整形されて見やすくなりました。

ファイルをダウンロードしたりアップロードするAPIを実行する場合は、SendボタンではなくDownloadUploadボタンをクリックします。
テスト用画面の使用が終わったらlogoutをクリックします。

フローサービス管理コンソールAPIを使用すれば、専用の管理コンソールを作成したり、タブレットアプリを作成することもできますね。その時には、このテスト用画面がきっとお役に立つのではないかと思います。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • MCAPI
  • WARP4.8
  • WARP4.8新機能紹介
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する