WARP4.8新機能紹介 ~ 検索機能の改善

デザイナーでコンポーネント名やプロパティを検索することができますが、コンポーネント名で検索すると検索結果に同じコンポーネントが複数含まれてしまいます。

search_result.png

こんな時には、検索結果のダイアログのヘッダーをクリックしてください。クリックしたヘッダーの項目で検索結果をソートすることができます。

search_result2.png

今回はヘッダーのプロパティ項目をクリックしたのでプロパティ列の値で行がソートされました。検索結果をソートすると、例えばあるコンポーネントをどのフローで使用しているかというのを網羅的にチェックしたいときなどに、同じコンポーネントが2つ並んで表示されなくなるので効率良くチェックすることができます。

また、コンポーネントにアプリケーションログを設定している場合を考えてみます。例えば、次の画像はマッパーに test_debug というアプリケーションログを設定している例になります。

application_log.png

このような時に、アプリケーションログの設定名で検索したい、ログレベルで検索したい、ということもあります。WARP4.8ではアプリケーションログの情報も検索できるようになりました。検索文字列としてアプリケーションログの設定名、ここでは test_debug を入力して検索すると、

search_applicationlog.png

アプリケーションログが設定されているマッパーを検索することができます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • デザイナー
  • WARP4.8
  • WARP4.8新機能紹介
  • 検索
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する