WARP4.8新機能紹介 ~ ユーザーの権限

新しいFSMCでユーザーを作成すると、ユーザーの権限として

・管理者
・開発者
・運用者

を選択することができます。

それぞれの権限で出来ることは権限の名前の通りで、

・管理者は自分の管理するドメインのユーザーのものを表示・更新・削除できます
・開発者は自分のものだけを表示・更新・削除できます
・運用者は所属するドメインのすべてのものを表示することだけできます

となります。

システムが運用フェーズに入った時には、運用者権限のユーザーを作成しそのユーザーを使用することで、誤ってシステムに変更を加えてしまうようなミスをなくすことができますね。

ユーザーと権限については、FSMCのヘルプに詳細な内容が記載されていますのでご参照ください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • ユーザー
  • FSMC
  • WARP4.8
  • WARP4.8新機能紹介
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する