既存のフロー内容を確認する方法

一通りフローの開発が終了した後で、サーバー上で動いているフローの内容を確認したいということはよくあると思います。フローデザイナーで確認する方法がぱっと思いつきますが、そのままデザイナーでフローを開くと、間違ってフローを更新してしまったといったことになってしまうかもしれません。
(そうでなくてもフローを更新してしまっていないか気がかりなまま操作するのもストレスを感じます)

そこで、今回は既存のフロー内容を誤って更新することなく確認する方法としてフロー管理コンソール(FSMC)にある「デザイナーを読取専用で使用する」という機能を使ってみたいと思います。


FSMCのアカウント画面(ツール > アカウント)にある「その他」欄の 「デザイナーを読取専用で使用する」にチェックを入れます。
※詳細表示に切り替えていない場合は画面の下のほうに表示されている項目です。

fsmc-userlock.PNG

チェックを入れてすぐ下にある「変更」ボタンをクリックして設定は完了です。


続いてフローデザイナーで先ほどFSMCで変更したユーザーでサーバーに接続してみます。

designer-userlock.PNG



ワークスペース上のフロー名の右側に「!」がついていますが、アイコンの追加や削除、移動、プロパティの値変更などはできなくなっています。
もちろん、フローやプロジェクト、外部変数セットの新規追加や削除もできません。アイコンやボタンはグレーアウトしています。



比較のために、設定変更前の状態をのせておきます。

designer-userlock_bf.PNG




開発方法や運用方法によっては、この機能をうまく活用できない場合もあるかもしれませんが、ユーザーの意図しないフロー更新を
防止するというところで一度、試しに使ってみるのもよいかもしれません。

FSMCのヘルプ画面も併せて参考にしてください。


この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • FSMC
  • Tips
  • デザイナー
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する