RDBGetコンポーネントでループを開始する場合にSQLを発行するのは何回ですか?

RDBGetコンポーネントで「ループ開始」プロパティが「はい」の場合でもSQLを発行するのは1回です。
SQLを発行したら、フェッチサイズ分ずつレコードを取得して「ループ時に取出す件数」分のレコードを取得した状態でストリームを作成します。

例えば、SQLの発行で条件に適合するレコードが1万件あり、1000件ずつに分けて処理するために「ループ時に取出す件数」プロパティに「1000」と指定している場合、RDBGetコンポーネントでは1回のSQLの発行後、フェッチサイズ分ずつレコードを取得してメモリ上に保持し、1000件のレコードが取得されたらストリームを作成して出力します。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • コンポーネント
  • アーキテクチャ
  • SQL
  • RDBGet
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する