バージョン4.1.1からバージョンアップするとRDBGetコンポーネントの「トランザクションに含める」プロパティが「はい」になっています

バージョン4.2にてRDBGetコンポーネントに「トランザクションに含める」プロパティが追加され、フロー内で新規にコンポーネントを配置したときの初期値は「いいえ」になります。

バージョン4.1.1以下からバージョンアップして移行したフロー内にあるRDBGetコンポーネントでは「トランザクションに含める」プロパティは「はい」になります。これは、バージョン4.1.1以下では「トランザクションに含める」プロパティが「はい」の場合と同様の動作をしていたためです。

フローがトランザクション化されていない場合は「トランザクションに含める」プロパティは「いいえ」にした方がフロー全体の処理速度があがります。バージョン4.1.1以下からバージョンアップ後にこのプロパティを変更する場合には、フローの内容など全体の処理を確認の上変更し、十分な動作確認を行ってください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • コンポーネント
  • RDBGet
  • トランザクション
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する