フローで条件によって3分岐以上処理を分けるにはどのコンポーネントを使えばよいですか?

3つ以上の分岐の場合、次のように複数のBranchStartコンポーネントを使って分岐します。
 
   ↓ 
 BranchStart(条件1) → 条件1の場合 
   ↓ 
 BranchStart(条件2) → 条件2の場合 
   ↓  
 BranchStart(条件3) → 条件3の場合 
   ↓ 
 
また、あらかじめ条件によってインデックスとなる整数値を割り当てておいて、Choiceコンポーネントを使って分岐する方法もあります。Choiceコンポーネントでは「分岐数」プロパティに分岐する数(例えば3)を指定し、直前のMapperコンポーネントでChoiceコンポーネントの「インデックス」プロパティに分岐先のインデックスを設定することで次のように分岐します。 
 
  • 1の場合一番左の出力コネクタ
  • 2の場合左から2番目の出力コネクタ
  • 3の場合左から3番目の出力コネクタ
詳しくはそれぞれBranchStartコンポーネント、Choiceコンポーネントのヘルプを参照してください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • コンポーネント
  • 分岐
  • BranchStart
  • Choice
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する