旧バージョンで作成したフローは最新バージョンでもそのまま動作しますか?

ASTERIA WARPでは旧バージョンで開発したフローはそのまま最新バージョンでも利用できるよう互換性を保っています。(ASTERIA 3からATERIA WARPへはプロジェクトの変換ツールによる移行が必要です。)
ただし、バージョンアップに伴う機能追加や仕様変更でフローの構成によっては動作が変わる可能性があるため、十分な動作確認をしてください。動作が変わった場合は更新履歴(バージョン4.9.1まで)と各バージョンのリリースノート(バージョン1610から)を参照してフローの修正を行ってください。コンパイルエラーが出力される場合は、メッセージにしたがった修正をしてください。
 
バージョンアップの手順についてはFAQ「ASTERIA WARP/WARP Liteをバージョンアップする手順を教えてください」を参照してください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • インストール/バージョンアップ
  • バージョンアップ
  • 互換性
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する