32bit版のSolarisにASTERIA WARPをインストールしましたが起動できません

ASTERIA WARPのSolaris版は64bitモードで動作するようにインストールされます。

32bitモードで動作させるには、対象ファイルを次の手順で変更します。

対象ファイル:
[INSTALL_DIR]/flow/bin/flowsvcの27-28行目
[INSTALL_DIR]/pipeline/bin/plsvcの31-32行目
  1. フローサービスを停止します。
  2. 対象ファイルをバックアップします。
  3. 対象ファイルをテキストエディターで開きます。
  4. 以下の部分を変更します。
    【変更前】
    JAVAOPTIONS1="$JAVAOPTIONS1 -d64"
    JAVAOPTIONS2="$JAVAOPTIONS2 -addjavaoptions:-d64"

    【変更後】
    JAVAOPTIONS1="$JAVAOPTIONS1"
    JAVAOPTIONS2="$JAVAOPTIONS2"
  5. フローサービスを開始します。

※詳しくはSolaris版ASTERIA WARPのReadMe.txtを参照してください。

※バージョン4.8以降、ASTERIA WARPはSolarisに対応しておりません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • パイプラインサービス
  • フローサービス
  • 32bit
  • 64bit
  • Solaris
  • 動作環境
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する