セキュリティソフトウェアが動作しているマシンでASTERIA WARPを利用するときの注意点は?

セキュリティソフトウェア(アンチウイルスソフトウェア)について次の点に注意してください。

  • ASTERIA WARPが使用するポートへの受信を許可する必要があります。使用するポートの一覧については、フローサービスマニュアルおよびパイプラインサービスマニュアルに記載されていますので確認してください。
  • ファイルI/Oを常に監視するソフトウェアをご利用の場合は、パフォーマンスの劣化を防ぐため、ASTERIA WARPがアクセスする範囲を監視対象から外すことをおすすめします。
  • 一部のソフトウェアでは、外部への接続においてプロキシの役目を担うものがあります。例えば、SMTPサーバーへの接続をセキュリティソフトウェアが監視している場合、ASTERIA WARPはセキュリティソフトウェアと通信を行うことになります。このような状況でセキュリティソフトウェアが無反応に陥ると、SMTPサーバーに問題がなくても通信が途絶する可能性があります。この場合、ASTERIA WARPはレスポンスを待ち続けてしまい、処理が終了しない可能性があります。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • パイプラインサービス
  • フローサービス
  • アンチウイルスソフト
  • ウイルス対策
  • 注意点
  • 動作環境
  • ウィルス
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する