コネクションプールとは何ですか?

コネクションプールとは、データベースへ接続するときに接続状態をプールし、コネクションを再利用することでデータベースへの接続を短縮する機能のことです。

※現状、コネクションプールの設定はRDBにしかありません。

フローサービスでコネクションをプールするように設定するには、コネクション設定で定義します。

管理コンソール

「設定」-「コネクション」-「データベース」画面で、各コネクション設定の「コネクションプール」項目で「true」を選択します。

フローデザイナー

コネクションペインで作成する各コネクション設定で「コネクションをプール」プロパティで「はい」を選択します。

コネクションプールの動作

  • プールは、コネクション設定ごとに存在し、デフォルトでは20個までプールされます。それぞれのコネクションのプール個数(プールサイズ)を設定することはできません。
  • プールにコネクションがあればそれを利用し、なければ新たにコネクションを作成します。
  • そのコネクション設定を利用するフローが複数同時に実行された場合は、その実行数だけコネクションが確立されて使い終わるとプールに戻されます。
  • プールに戻されるとき、プールが最大数に達していた場合はそのコネクションが切断、破棄されます。
  • 最大同時接続数は、プールサイズではなくフローの同時実行数であり、プールサイズはあくまでプールするコネクション数です。

プールされた個別のコネクションを解放するタイミング

  • 一定回数再利用された場合(デフォルトは100回)
  • 一定時間再利用されなかった場合(デフォルトは7200秒)
  • そのコネクションを使用したフローが異常終了した場合

※コネクションプールのプールサイズ、再利用回数、タイムアウトは、管理コンソールの「設定」-「サービス」-「フロー」画面の「フローエンジン設定」で変更することができます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • コネクション
  • コネクションプール
  • アーキテクチャ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する