フローで文字コード EBCDICおよびEBCDIKを扱うことはできますか?

フローでFixedLengthストリームを処理する場合、通常の文字コードに加えてEBCDIC変換を行うことができます。

また、以下の文字コードにも対応しています。

AS-CP00930 IBM CP00930(CP00290 + CP00300)
AS-CP00939 IBM CP00939(CP01027 + CP00300)
AS-EBCDIC-JEF EBCDIC + 富士通JEFコード
AS-EBCDIK-JEF EBCDIK + 富士通JEFコード
AS-EBCDIC-JIPSE EBCDIC + NEC JIPSEコード
AS-EBCDIK-JIPSE EBCDIK + NEC JIPSEコード
AS-EBCDIC-KEIS EBCDIC + 日立KEISコード
AS-EBCDIK-KEIS EBCDIK + 日立KEISコード

上記の詳しい説明や、各ストリームで扱える基本的な文字コードについては、フローサービスマニュアル「はじめに」-「フローの構成要素」-「ストリームプロパティ」を参照してください。

※ASTERIA WARP 4.3.0以前はフローサービスマニュアルの「フローデザイナー」ガイドの「ストリーム」を参照してください。

※これらのキャラクタセットの定義は、基本的にWindows-31Jとの間でのコード変換のためにテーブルが作成されています。そのため、Windows-31Jとコード変換できるようにフローサービスで修正している部分があります。また、2バイト文字のテーブルに含まれているのはJIS X 208に含まれている文字のみです。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • 文字コード
  • EBCDIC
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する