パイプラインをインポート、エクスポートするときの注意点は?

ユーザーが作成したパイプラインは、パイプラインコーディネーターからエクスポートすることができます。エクスポートしたパイプラインは、他のパイプラインサービスにパイプラインコーディネーターを使ってインポートすることができます。 

パイプラインをエクスポートするには、パイプラインコーディネーターの「Pipeline」画面の右にある 「エクスポート」をクリックします。複数のパイプラインを1つのファイルとしてエクスポートすることができます。

エクスポートしたパイプラインは、パイプラインコーディネーターの「Pipeline」画面の右にある「インポート」をクリックして取り込むことができます。

インポートされたパイプラインは、インポート先のパイプラインサービスで新しいパイプラインIDが割り振られます。このとき割り振られるパイプラインIDは、インポート先の「最大のパイプラインID+1」になります。

インポートしたパイプラインで「パイプラインを実行」ジョイントアクションを使っている場合、IDの割り振りによりパイプラインIDが変わると、バージョン4.4以降ではそのアクションで指定した「パイプラインID」項目の値が割り振られたパイプラインIDに自動的に変更されます。バージョン4.3以前では、そのアクションの「パイプラインID」項目を移行先で割り振られたIDに設定し直して保存する必要があります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • パイプラインサービス
  • コーディネーター
  • インポート
  • lite
  • エクスポート
  • 注意点
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する