データベースから データを読み込むには

RDB データ読み込みのフローを作成する

1. フローウィンドウを表示し、パレットの「データベース」タブをクリックして、RDBGetコンポーネント(「RDB からデータを取得します」)を配置する

2. 処理に合わせてその他のコンポーネントも配置し、接続する

3. 配置したRDBGetコンポーネントを選択し、インスペクタで「コネクション名」プロパティの値を、作成済みのコネクション名に指定する

ここでは、データベースからデータを取得し(RDBGet コンポーネント)、CSV 形式に変換して(Mapper コンポーネント)、ファイルとして出力する(FilePut コンポーネント)フローを作成しています。次の手順で、SQL ビルダーを使用してフィールド定義やSQL 文を設定していきます。

HINT
RDB との連携に関連するコンポーネントは、パレットの「データベース」タブにまとめられています。

 

SQL ビルダーで設定する

1. RDBGetコンポーネントアイコンをダブルクリックする

2. SQLビルダーが表示されるので、左欄のテーブル名を中央の欄までドラッグして、テーブルを配置する

HINT
SQL ビルダーは、RDBGet コンポーネントアイコンを右クリックして、表示されるメニューから「SQL ビルダー」を選択しても起動できます。SQL ビルダーでは、実際にデータベースに接続しながら、テーブル選択や、取得フィールドの設定などを行えます。

SQL ビルダーのそれぞれの欄の境界線は、左右または上下にドラッグして、見やすいように幅や高さを変更できます。

 

3. 必要なテーブルをすべて中央の欄に配置する

4. テーブル間で「キー」(主キー)とする項目をドラッグして接続する

5. 取得したい項目にチェックマークを付けると、画面下部に SQL 文が自動的に表示される

6. 「SELECTテスト」をクリックすると、実際の問い合わせ結果が表示される

7. 「閉じる」をクリックしてテスト結果を閉じ、SQL ビルダーも「OK」をクリックして閉じる

8. フィールド定義の更新を確認するダイアログで「はい」をクリックする

HINT
「SELECT テスト」のテスト結果でフィールド名の順序が違っていても、あとからマッピングの設定で変更できます。

 

9. RDBGetコンポーネントアイコンを選択し、「ストリーム」ペインでフィールド定義が更新されたことを確認する

10. インスペクタで、「SQL文」プロパティにSQL文が入力されていることを確認する

SQL ビルダーで設定した内容が、RDBGet コンポーネントの「SQL 文」プロパティに入力されます。

 

HINT
SQL 文を設定するには
SQL 文は、SQL ビルダーを使用せず、RDBGet コンポーネントの「SQL 文」プロパティに直接入力してもかまいません。また、直前に Mapper コンポーネントを配置し、「SQL 文」プロパティに SQL 文の文字列をマッピングして、実行時に SQL 文を決定することもできます。

 

マッピングを設定する

1. Mapperコンポーネントを右クリックし、「入力ストリーム定義を出力にコピーする」を選択する

2. Mapperコンポーネントのストリーム型とフィー ルド定義を処理に合わせて変更する

3. Mapperコンポーネントをダブルクリックして マッピングを指定する

4. 出力先が CSV の場合は、Mapper コンポーネントのストリームプロパティで、「出力エンコーディング」や「先頭行のフィールド名を出力」の値を設定する

5. 出力先のファイルパスを設定する

フローを実行すると、SQL 文を実行してRDBからデータを取得した結果がファイルとして出力されます。

HINT
ここでは、Mapperコンポーネントのストリーム型を「CSV」に、また「注文日」フィールドのデータを文字列として出力するため、データ型を DateTime から Stringに変更しています。

フィールドの表示順を変更するには
出力するフィールドの表示順を変更するには、対象のフィールドを右クリックし、メニューから「上に移動」または「下に移動」を選択して 1 つずつ移動させます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する