キーを使ってExcelデータを更新するには

キーの設定/「書出し処理」プロパティ

ExcelPOIOutputコンポーネントを使って「Excelのレコード領域にデータを追加で書き込む」方法を前述しましたが、さらに「キー」を設定すると、レコード領域内にデータを書き込む位置を、 キーの値により制御できます。データの更新、追加、挿入、削除などが可能です。

キーを使ってデータを追加する

1. Excelデータ書き込みのフローを作成し、配置したExcelPOIOutputコンポーネントからデータ指定用のExcelファイルを開いて、Excelビルダーを起動する

5-6-01.PNG

HINT
ここでは、データ領域指定用のテンプレートファイルを開いています。レコード範囲やフィールド名はExcelビルダーであらかじめ指定済みの状態です。
Excelビルダーの「レコードフィールド」の「キー」列が「Yes」となっている場合、そのフィールドにはキーが指定されています(「No」となっている場合は指定されていません)。

 

2. 「レコードフィールド」欄で、キーを設定したいフィールドを選択し、「変更」をクリックする

5-6-02.PNG

 

3. 「名前入力」ダイアログでフィールド名を確認または変更し、「OK」をクリックする

5-6-03.PNG

 

4. 「キー指定可能なフィールドですか?」で「はい」をクリックする

5-6-04.PNG

 

5. Excelビルダーで「登録」をクリックし、Excelも終了してフローウィンドウに戻る

5-6-05.PNG

 

6. ExcelPOIOutputコンポーネントの「ファイルパス」プロパティに、データの書き込み元のExcelファイルへのパスを指定する

5-6-06.PNG 

7. ExcelPOIOutputコンポーネントの「書出し処理」プロパティに「追加」を指定する

5-6-07.PNG 

8. FilePutコンポーネントの「ファイルパス」プロパティに、更新されたデータの書き込み先Excelファイルへのパスを指定する

5-6-08.PNG

 

マッピングやフィールド定義も設定してフローを実行すると、指定したキーの値に応じて、レコードが後ろに追加されます。

5-6-09.PNG

HINT
データの挿入や削除をするには
ここでは、キーを使ってレコードを後ろに追加しましたが、同じ方法で前に挿入したり、更新、削除することもできます。それには、キーを指定してから、ExcelPOIOutputコンポーネントの「書出し処理」プロパティで目的の処理を選択します。キーを使った方法では、「追加」以外に「挿入(キー指定)」、「更新(キー指定)」、「削除(キー指定)」を指定できます。 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • Excel
  • ExcelPOIOutput
  • Excelビルダー
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する