Excelファイルから単一データを取得するには

Excelから単一セルのデータを取得する

1. Excelデータ読み込みのフローを作成し、配置したExcelPOIInputコンポーネントアイコンをダブルクリックする

 

HINT
Excelデータ読み込みのフローを作成する手順や、Excelビルダーを起動する手順について詳しくは、前の「Excelファイルからデータを読み込むには」を参照してください。
ファイルの場所を変更した場合
Excelビルダーでの登録後にテンプレートファイルの場所を変更した場合は、確認ダイアログで「OK」をクリックしてから、Excelの「ファイルを開く」メニューで改めてテンプレートファイルを開き、その後もう一度Excelビルダーを起動してください。

2. Excelでデータ取得用のテンプレートファイルを開き、Excelビルダーを起動する


  

3. Excelビルダーの「単一セル」タブをクリックし、「追加」をクリックする


 

 4. 「範囲指定」ダイアログが表示されるので、Excelのワークシート上でセルを選択し、「OK」をクリックする

5.  表示される「項目入力」ダイアログに任意の項目名を入力し、「OK」をクリックする

 

6.「登録」をクリックして、追加したデータを登録する

 

HINT
設定を変更せずに Excelビルダーを終了するには、Excelビルダーの「閉じる」をクリックします。

 

7. 確認のダイアログで「OK」をクリックし、Excelファイルを閉じてExcelを終了する

8. ExcelPOIInputコンポーネントを選択し、インスペクタの「単一セル」タブに項目が追加されていることを確認して、必要に応じデータ型を変更する

9.  処理に応じデータのマッピングを設定する

上の例では、「日付セル」のデータを出力フィールドのfield5にマッピングし、マッパー関数のFormatDate関数を利用して、日付データを「ggggeeee年M月d日」(例:平成28年3月1日)のように出力するよう設定しています。

 

HINT
Excelビルダーでは、Excelのデータ範囲を指定してレコードを追加します。連続したデータ領域は「レコード」タブの「追加」ボタンから、また単一のセルは「単一セル」タブの「追加」ボタンから指定できます。 

単一セルの扱い
Excelビルダーで単一セル領域を設定すると、ExcelPOIInputコンポーネントの「単一セル」プロパティにその値が読み込まれます。このプロパティは、自動的にストリーム変数となり、コンポーネントの後ろに連結したマッパーで、ストリーム変数として見えるようになっています。なお、フィールド名の定義はExcelビルダー上で行い、フローデザイナー上では変更できません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • Excel
  • ExcelPOIInput
  • Excelビルダー
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する