Azure CognitiveのコンテンツフィルターコンポーネントがExperimental Buildに追加されました

Microsoft AzureのCognitive Servicesを利用しコンテンツのフィルターを行うコンポーネントがExperimental Buildに追加されました。

Azure Cognitiveコンポーネントの第一弾はこちら

今回追加されたコンポーネントは2種類あります。

  • AzureTextModeration:文字列が適切かどうかチェックします
  • AzureImageModeration:画像が適切かどうかチェックします

適用方法については第一弾をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • Experimental Build
  • Experimental Buildの紹介
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する