ASTERIA Warp 1610以降で使用するJavaのアップデートに関する注意事項

ASTERIA Warp 1610以降のバージョンでは実行環境としてJava Runtime Environment(JRE)を使用します。

Javaの自動更新通知からアップデートを実施した場合に、ASTERIA Warpで使用している古いJavaが削除され、アップデート後にASTERIA Warpが起動できなくなるケースが確認されています。

以下に弊社で現在確認できているASTERIA Warpで使用しているJavaのアップデートの手順を記載します。

※動作検証済みのJava VMのバージョンについてはこちらをご参照ください。

● ASTERIA Warp サーバー

  1. Javaのダウンロードページからオフライン用のインストーラーをダウンロードしてインストールする
  2. ASTERIA Warpを起動し、FSMCの「システム > サーバー情報 > Java情報」のJavaパスを新しいJavaに変更する
  3. 古いJavaをアンインストールする

自動更新により古いJavaが削除され、アップデート後にASTERIA Warpが起動できなくなってしまった場合には、削除されてしまった古いJavaを再度インストールしてください。

※Javaの自動更新通知からアップデートは行わないでください

● ASTERIA Warp フローデザイナー

ASTERIA Warp サーバーと同様にJavaをインストール後、フローデザイナーを起動し、「ツール」メニューの「環境設定」-「Java」タブ -「Java情報」グループのロケーションのJavaパスを新しいJavaに変更してください。

※バージョン1703以前のデザイナーでは環境設定のJavaパスの書き換えに不具合があり、Javaのバージョンアップに対応していません。デザイナーの再インストールでJavaパスを変更してください。

  1. デザイナーをアンインストールする
  2. 新しいJavaをインストールする
  3. 再度デザイナーをインストールし、新しいJavaのパスを指定する
この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • 起動できない
  • 更新
  • Java
  • WARP1610
  • アップデート
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する