PlatioコンポーネントがExperimental Buildでリリースされました

IoT対応モバイルアプリ開発基盤「Platio」を利用したコンポーネントがExperimental Buildで公開されました。

コンポーネントは3種類あります。

  • PlatioGet:Platioアプリケーションのコレクションからレコードを取得します
  • PlatioPut:Platioアプリケーションのコレクションにレコードの作成・更新を行います
  • PlatioDelete:Platioアプリケーションのコレクションからレコードを削除します

Platioコンポーネントは、ASTERIA WARP 1703で利用できます。

管理コンソールに管理者でログインして、「システム>アップデート>アダプター」画面を表示すると次のような画面が表示されますので、「ダウンロード」をクリックしてからASTERIA WARPを再起動してください。

platioAdapter.png

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • Experimental Build
  • Experimental Buildの紹介
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する